認知症の傾向

health care

ペットにも起こるとされる認知症

ここ最近では、認知症になるお年寄りが増えて問題になっています。認知症というと、人間にしか発症しないというイメージがあります。ですが、実は犬や猫にも認知症があるとされています。 なぜペットが認知症になるかというと、ペットの世界でも急速に高齢化が進んでいるからです。昨今では、ペットの食事も改善されています。そのため高齢化が進んでいますが、逆に認知症が増えているのです。 ペットの認知症の主な症状は、平均すると11歳頃から現れはじめます。その症状は、鳴き続ける、異常に食べるのに太らない、名前を呼んでも反応しないなどです。また、昼夜を問わず一日中寝てばかりいる症状も見られます。認知症の症状は色々ありますが、個々の症状がゆっくり現れていきます。この認知症の症状を放っておけば、徐々に進行していってしまいます。そして、異常な行動をとるようになります。

効果的な治療法とはなにか

ペットの認知症は、いまだ根本的な原因が判明していません。よって、病院で効果的な治療法も確立されていません。ですが、日常生活で予防処置を行うことができます。たとえば、毎日の生活を単調に過ごしていると、認知症になりやすいと言われています。よって、日常生活でペットに刺激を与えることが大事です。そのために、飼い主が積極的に声をかけたり、一緒に遊んであげるようにします。 その他にも、適度にペットを散歩に連れて行って体を動かしてあげることも大事です。運動は、脳に多くの酸素を送ってくれます。それで、脳神経を刺激して認知障害の予防につながります。 また、DHAやEPAなどのサプリメントを投与しても良いです。これらには、脳神経細胞を活性化させる働きがあるからです。よって、集中力を高めて病気の予防につながります。