FCによる介護営業

health care

現在における日本の介護の現場を見てみると、かなり多くがFCで開業しているケースが目立つ。FCと言うと、飲食店などの起業展開に見られるものだと思われている節があるが、介護業界でも活かされている。それは、介護のノウハウがなくても、FC加盟をすれば、そのノウハウをそのまま学んで自分自身の会社に活かすことができるし、FCということで、世間からも認知された大手に属していれば、看板を掲げているだけで、集客効果があるし何よりも安心感を与えることができるだろう。イチから築きあげることも大切であるが、こうしたFC加盟で得られるメリットやスピード感を活かしてみるのも、成功に繋がる道となる。

FCの加盟によって介護施設を開業する際は、とにかく加盟をして進めればいいというものではない。FC制度を導入しているところはいくつもあり、それだけ選択肢があるのでまずはその違いと特徴を知ることが大切だろう。特に加盟する起業によって、加盟料やルールなどに違いがある。これをよく把握しておかないと、実際に運営を始めた際にトラブルの元となってしまうケースはあるので、十分気をつけておかないといけない。一番分かりやすくその違いを知るには、FCを展開している起業の説明会などに行くことである。説明会では加盟を希望する人向けに、制度の仕組みや加盟するメリットなどをしっかり説明してもらえる。不明なところがあれば、直接質問できるところも説明会に参加するメリットとなるので、上手に活用していこう。